平成25年9月11日に南アルプス市商工会において完熟フルーツマスターなど農業経営者に対して

農業経営の知識取得を目的に、やまなし6次産業化サポートセンター登録プランナーでフードビジネス研究所代表取締役芦澤香苗氏をお招きし、

「果物の販路開拓とマーケティング戦略」と題して研修会を開催した。

 

DSC_0001

     <講師の芦澤香苗 氏>

DSC_0004

<熱心に講演を聴講する出席者>

DSC_0010

<研修会終了時に講師と参加者で記念写真>

 

 

平成25年6月18日に若草健康センターにて、桃源郷フルーツプロジェクト事業の

フルーツスィーツ研究会が中心となり、南アルプス市産果物を使用したジャムとコンポート

づくりの技術研修会を開催した。

 

当日は、神奈川県相模原市在住の食品加工コンサルタントの廣瀬卓三先生にご指導を頂き

ながら、フルーツスィーツ研究会のメンバーが体験研修を行った。

まず、さくらんぼ「ナポレオン」のジャムづくり、そして次にすももの中でも一番最初に収穫される

香りが良いすもも「大石」を使ったコンポートづくりを研修した。

今回一番の成果は、すももコンポートづくりを行うに当たり、皮むきの仕方をどうするか?という

ことであったが、桃と同様に湯むきが可能でした。また、今回のコンポートづくりの反省点は使用したすもも

「大石」が食べごろの完熟に近かったことも有り、果肉がしっかり残らなかったことだ。

コンポート用は、少し早捥ぎしたくらいの果物の方が歯ごたえが良く、見た目もおいしそうに商品ができる

と思います。

DSC_0004

<参加したメンバーと廣瀬先生>

DSC_0002

DSC_0019

DSC_0028

<さくらんぼジャムの完成>

DSC_0006

DSC_0029

DSC_0035

DSC_0037

<すももの皮むきが湯むきで可能でした>

DSC_0040

<すもものコンポートの完成>

 

平成25年5月28日、南アルプス桃源郷フルーツプロジェクトは完熟フルーツマスターの観光客受入研修を実施した。

いよいよ南アルプス市内の露地物のさくらんぼ狩りシーズンが到来したことから

完熟フルーツマスターの小野得温さん農園で観光客の受入研修と本年度から団体用シンメニューの『南アルプス果物の舞御膳』

のお披露目と試食会が行われた。

DSC_0002

<完熟フルーツマスターからサクランボについて説明を受ける>

DSC_0011

<たわわに実ったさくらんぼ豊錦>

DSC_0010

 

DSC_0022

新作<南アルプス果物の舞御膳>

 

三寒四温とはよく言ったものですネ!

今年の南アルプス桃源郷は、4月になってからの寒暖差が激しくて

桃やすももの花の受粉作業のタイミングに戸惑っている農家も多いようです。

 

写真は4月3日の午後6時頃、開花満開の桃の農園を撮影した風景です。

遠くに南アルプス連峰が望めます!?

P1050300

<南アルプス市寺部から南アルプス山麓を望む>

果物すももの花の開花状況をお知らせします。

遠方の山々もスッキリ見渡せる春の陽気に誘われて

すももの花の蕾も開き始めました。

4月上旬には桃のピンクの花とさくらんぼの白い花で

2色の絨毯を敷き詰めた素晴らしい景色が南アルプス山麓の丘から望めます。

一度、この素晴らしい百花繚乱の風景をご覧に南アルプス市にお越し下さい。

今日の一押し写真を紹介します。

P1050274

<南アルプス連峰を望む>

 

P1050298

<富士山を望む>

 

P1050296

<生産量日本一のすももの花の開花>

撮影場所; 南アルプス市上今井 撮影日:2013.3.21

 

今年は、4月の受粉期に長雨と高温が続いた為、「貴陽」の結実は多いものの3Lを超える超大粒貴陽が少ないとのことです。 (完熟フルーツマスター小林義朗氏)

DSC_0023

(完熟フルーツマスター認定NO6 小林義朗 氏)

7月31日に37度超える炎天下の中を完熟フルーツマスター小林義朗氏の棚栽培している貴陽農園に今年の出来栄えと味を確かめに行ってきました。

小林さんの貴陽の苗はきようの貴陽に開発者故高石鷹雄さんから頂いたもので、育成し8年が経過している。420坪ある農園にぎっしりと貴陽が、たわわになっている光景は絶景でした。

貴陽農園を写真撮影をするには、股下から望むと拡大してみれますよ。とのことで早速チャレンジした一枚がこちらです。

DSC_0017

(股下から撮影した渾身の一枚)

DSC_0010

(小林さん作 たわわに実った貴陽 実が大きくなり木が耐え切れない為に棚栽培をしている。)

 

平成18年度から南アルプス市商工会が中心となり、完熟フルーツをキーワードに「桃源郷フルーツプロジェクト」継続的に実施しています。

この事業は、南アルプス市産完熟フルーツをテーマしたフルーツづくしの果物体験ツアー「完熟フルーツこだわり探訪」、南アルプスLoveブランド認定制度など「特産品ブランドづくり戦略」、年間を通じた加工果物の供給体制

の確立など「新流通システム」の3本柱です。

 

この事業のひとつとして、平成19年度から完熟すももをピューレに加工し、年間通じて市内外のレストランや菓子店などに果物材料として供給する取り組みをスタートしました。

果物は変形したものや収穫の時に擦れてしまったものなど規格外果物の中から完熟したものを厳選し、材料にしたものが南アルプス市産「完熟すももピューレ」です。

従来は、この完熟ピューレは東京や大阪で開催された業者向け展示会やイベントなどに出店し、業者向けに販売してきました。

ピューレパッケージ

<完熟すももソルダム500㌘>

この度、ぐるなびと提携し東京都内のレストラン3店で、完熟すももピューレを使用した料理教室(フルーツスィーツ)を開催しました。

特に今回は、7月24日に世界一重いすももとしてギネス認定された完熟フルーツマスター深沢民三さん作「貴陽」を参加者にお土産でプレゼントしました! とかく消費者は、すももと聞いた瞬間「スッパイ」というイメージが

浸透しており、桃よりマイナーな果物と思われているようです。お客様にこのイメージを払拭してもらうことを目的に今回のイベントを実施しました。

木で熟成した完熟すももは、香り高くジューシーでほろ良い甘酸っぱい味で格別です。一度、南アルプス市でお試しあれ。

 

今回のレストランで、提供された完熟すももソルダムを使用した料理を紹介します。

IMG_2585

<渋谷区 ナチュラルダイエットレストラン NODO作> (すもものヨーグルトムース)

IMG_2685

<中目黒 ビゴーレ作> (すもものババレーゼ)

068

<表参道 ナチュラルフードレストラン nR table 作> (すもものクレープシュガット)

 

平成24年7月24日、南アルプス市桃源閣において、世界一重い食用すももへの挑戦イベントが開催されギネス・ワールド・レコードの公式認定員が用意した貴陽を高さ、円周長さ、重さの3点を計測し、重さ323.77㌘の貴陽が見事ギネス登録された。

山梨日日新聞社掲載記事はこちらから⇒ doc03096420120731131918_001

 

南アルプス市はすももの生産量が日本一のすももの一大産地であり、その中でも貴陽は、南アルプス市の農家故高石鷹雄さんが20年以上の歳月を費やし産出した桃ように大きくてジュシーで甘いすももです。

一口で言うと、桃の甘さとすもものほのかな酸味を兼ね備えたフルーツが“貴陽”です。味も大きさ 絶品です!

 

DSC_0788

Technorati タグ:

<ギネス認定員 MR.Karulos>

DSC_0818

<見事、世界一重いすももに認定!>

DSC_0826

<会場内に飾られた貴陽>

DSC_0830

<ギネス認定登録書>

 

 

完熟フルーツマスター同行による完熟フルーツのお話、マイジャムづくり体験そしてイタリアンレストラン内でこのツアーに参加しなしと食べれない特製フルーツランチを食するどこにもないワンランク上のフルーツに特化したこだわりツアーです。

6月2日(土)より、平成24年度「完熟フルーツこだわり探訪」が6月2日いよいよスタートします。

これに先立ち5月28日にこの事業のキーマンとなる「完熟フルーツマスター」の研修会をさくらんぼ農園内で開催しました。

画像 014

<完熟フルーツマスター小野隆 氏が講師となり、さくらんぼの説明の仕方を学ぶ>

画像 018

画像 020

<ルビーの妖精 真紅に実ったさくらんぼ 豊錦>撮影:2012.5.28

完熟フルーツこだわり探訪詳細はこちらからhttp://www.minami-alpskankou.jp/tour1.html

6月10日、さくらんぼ種飛ばしに自信のある方は、ハッピーパークに大集合!!

昨年度、東日本大震災によりさくらんぼ狩り等の観光客が減少したことから観光復興イベントとして復活し実施した「ハッピーパークさくらんぼ祭り」。

本年度は、商工会合併10周年記念イベントとして、更にパワーアップし実施致します。

<開催イベント情報>

◎合併10周年記念大抽選大会

◎よさこい演舞・歌謡ショー

◎フリーマーケット&売店出展など盛りだくさん!!

◎2012さくらんぼ種飛ばし大会

☆ 参加賞 参加者全員にプレゼント さくらんぼ(50g)

☆ 競 技 午前中にさくらんぼの種を飛ばし大会の予選を行い、基準距離を越えた人は

午後から行う決勝大会に出場ができる。

☆ 部 門 ◆一般の部(中学生以上男子)

◆レディースの部(中学生以上女性)

◆子供の部(小学生以下男女)

☆ 表 彰 各部門上位5名を表彰

☆ 賞 品 優勝 …楯と金メダル+さくらんぼ1kg

準優勝…楯と銀メダル+さくらんぼ800g

第3位…楯と銅メダル+さくらんぼ500g

第4位…銅メダル+さくらんぼ300g

第5位…銅メダル+さくらんぼ300g

☆ 受 付 参加は当日会場にて受付した先着 300名

DSC_0003 

<昨年度の種飛ばし大会の模様>

IMG_4545

<イベントを盛上げたよさこいの演舞>